はじめに

皆さんのお宅では、ペットを飼っていますか?
犬も猫でも、飼い主さんにとってはかけがえのない家族の一員です。自分の子どもと同じかそれ以上に、ペットに愛を注いでいるという方もいらっしゃるでしょう。
でも、ペットは人間の子どもと違って言葉がしゃべれません。だから、病気やアレルギーなどの発見が遅くなってしまうこともあります。
最近ではペット保険がだいぶ一般的になってきましたが、健康保険がきかないペットが病気になると高額な治療費がかかってしまいます。病気になったペットもすごく苦しいでしょうが、飼い主さんも経済的にきついですよね。
こうした病気を予防するために気をつけたいのは、日々のペットの健康管理です。お散歩やブラッシング、睡眠時間の確保、ストレスをかけない……など飼い主さんがすべきことは盛りだくさん。
でも、その中でも一番大事なのは日々の食事。すなわち、どのようなペットフードを選ぶか、ということです。
ドッグフードもキャットフードも、安いものから高額なものまでいろいろありますね。最近では、一つのブランドでもペットの年齢、種別に合わせて作られた製品や、療養食タイプのもの、ウェットタイプやドライタイプなど、あまりにも細分化されているので選ぶのが大変かもしれません。
最近では、ペットのアレルギーや肥満ということでお悩みの飼い主さんもいらっしゃるようです。今、与えているペットフードだと添加物が心配、高くてもいいフードがあれば変えてみたい、というペット思いの飼い主さんも増えています。
ペットフードにお悩みの飼い主の皆さんに参考にしていただきたいのが、イギリスで大人気のペットフードブランドです。イギリスは、ペットを大事にする意識がとても高い国なので、高品質で健康によいペットフードが人気になっています。
カナガンという会社も、そんな人気メーカーのひとつです。
では、具体的にはイギリスではどのようなペットフードが売れ筋なのでしょうか?

カナガンとは?

イギリスでは多くの飼い主さんは、カナガンというメーカーのペットフードを選びます。
その理由としては、グレインフリー(穀物不使用)、人工添加物不使用、そして年齢を問わずどんな種類のペットにもOKという手軽さが受けているようです。
カナガンの開発者・エディー氏はドックフードのメーカーに勤めていました。ある時、会社のコストダウン方策によって、ドックフードに品質の悪い原材料を使用するようになったことにショックを受けました。そんなエディー氏は、自らがドックフードの会社を設立したのです。
世界中のペットフードを調査した結果、「グレインフリーにするべき」という結論に落ち着きました。その研究成果が、カナガンのペットフードです。
人間が食べても大丈夫というほどの、最高級の原材料を使ったグレインフリーのペットフード・カナガンは、イギリスばかりではなく世界中の愛犬家・愛猫家に選ばれるような大人気ブランドへと成長しました。

カナガンのドックフードの特徴

 
では、カナガンのドックフードにはどのような特徴があるのでしょうか?
カナガンのドックフードには、先ほどもご説明したようにグレインフリーで製造していること、人工添加物は不使用、そして犬種や年齢問わず与えることができる、という三つの特徴があります。
 
○グレインフリー
 
多くのドックフードに使用されているトウモロコシや小麦などの穀物は、もともと狼だった犬にとって、アレルギーを引き起こす原因物質になります。
なぜかと言いますと、肉食動物である犬にはこうした穀物類を消化するために必要な「アミラーゼ」という、炭水化物を分解するのに必要な消化酵素がありません。つまり、栄養素として無意味なのに、多くのドッグフードに穀物類が使用されているのです。
カナガンのドッグフードに含まれる材料は、犬がきちんと消化して栄養をとれるものだけに限定しています。
だから、無駄がなく犬の体に負担をかけないんです。穀物アレルギーを引き起こすこともありません。
 
○人工添加物不使用
 
カナガンのドッグフードは、厳選された材料を使用しています。
その一つが、イギリスで高級とされる平飼いチキン。ストレスなく育てられた鳥肉には、タンパク質が豊富に含まれています。
そのほか、穀物を使わない代わりに、犬の消化器官に負担をかけず、空腹感を感じさせないサツマイモ、毛並みと皮膚の健康を保つオメガ3脂肪酸を含んだ海草や、ビタミンや免疫力アップに効果的なクランベリーやカモミールなどのハーブ類も含んでいます。
栄養的にも万全ですし、材料はすべて吟味された最高級のものなので、たとえ人間が食べても問題がありません。
 
○すべての犬種OK
 
良質な動物性タンパク質を摂取できること、犬の消化器官に負担をかけるものを使用しないグレインフリーであること、食べやすい小粒タイプだということから、従来の犬種や年齢を区別したペットフードのラインナップと異なり、一つのペットフードでどんな犬種にも対応できます。
 
もちろん、こだわりは原材料や形状についてだけではありません。
国際規格である「SAI GLOBAL」のクラスA取得を取得した工場で製造されていることや、徹底した品質管理をしていること、産地であるイギリスから直輸入していること、など様々なこだわりがカナガンのペットフードにはあるんです。
以上の特徴から、カナガンのドッグフードはイギリスだけではなく世界中の愛犬家の支持を集めています。最近では日本にも輸入されるようになったので、ペットを大事にする飼い主さんに大好評なんですよ!

 

ドッグフードの口コミ

 

では、カナガンのドックフードを実際お使いの飼い主さんはどんな感想をお持ちなんでしょうか?
某通販サイトに寄せられた、カナガンをワンちゃんに与えた方の実際の口コミをチェックしてみましょう。
 
「チワワを飼っています。以前はお腹をこわしてばかりで食も細かったですが、カナガンを与えてから食いつきがいいです。便の調子もいいですが、ちょっと匂いはきつくなったかもしれません。毛並みについてはツヤが出たのでしばらく続けます」
 
「食の細い子にやってみたら、すごい食いつきがよくてびっくりしました。前はフードをふやかしてやっと食べる感じだったけど、固形フードであんなに食べるなんて初めてです。病気で減った体重も元通りになりました」
 
「犬によって合う・合わないがハッキリしているドッグフードのようですが、うちの子には合っていたみたいです。軟便が改善して、毛の艶もよくなりました」
 
「皮膚トラブルがある老犬に3ヶ月前から与えています。フケや皮膚のカサカサが改善して、抜けていた毛が生えてきました。うれしい変化があったのでもう少し続けようと思います」
 
 食が細い犬の食いつきがよくなった、というご意見がたくさん聞かれました。
 原材料のチキンの匂いがキツイという声もありましたが、むしろそれが犬の食欲をそそるのかもしれませんね。グレインフリーで穀物の混ぜ物がないので、肉の匂いが強いせいでしょう。
 グレインフリーだと、消化吸収するときに犬の消化器官に負担を掛けません。
 その効果なのか、他のフードでは治らなかった軟便が改善した子や、毛並みが良くなった子、皮膚疾患が改善した子などが目立ちました。
 
 そもそも、犬は人間と違って炭水化物を消化するのが大の苦手なんです。穀物アレルギーを持つ子も多いので、知らず知らずのうちにドックフードに入っている穀物が、大事なワンちゃんを苦しめているかもしれません。
 ペットに多い涙やけも、アレルギー症状の一つかもしれません。
 もちろん目の疾患の場合もありますが、ドッグフードに入っている穀物がアレルゲンになって、アレルギー性結膜炎を起こしてしまって涙やけが起きる可能性が高いのです。そういう原因で涙やけや皮膚疾患が悪化しているワンちゃんが、グレインフリーのドッグフードに変えると症状が劇的に改善します。
 アレルギー症状だけではなく、良質なたんぱく質がたっぷり入っており、油についても良質なものを使っているカナガンならば、ワンちゃんがずっと健康でいられるでしょうね。
 
 一方で、残念ながらこのような口コミもありました。
 
「うちの子は小型犬なので、合わなかったようです。粒が大きいので、なかなか消化できないように思います。成犬用と小型犬用はわけた方がいいかも」
 
「飼っている小型犬に与えてみました。食いつきはふつうですが、便が固めで匂いがきつい。目やには少ないのはよかったですが、匂いが家族に不評なのでリピはありません」
 
 確かに、便の匂いというのは室内犬なんかだと特に気になるものです。
 人間でも、草食の人よりも肉食の人の方が匂いますよね。犬はもともと狼から進化してきたわけですから、完全な肉食で炭水化物を摂取していなかったのだから、匂いが強いのは仕方がないことかもしれませんよね。
 そのため、穀物が配合された従来のものとグレインフリーで肉の配合率が高いペットフードでは、変えたときに飼い主さんがビックリするのは当然です。
 
 ただ、その匂いというのは犬が本来の肉食動物としての食事をしている証拠でもあります。ワンちゃんの健康を考えて、ぜひ長い目で考えてあげてほしいと思います。
 フードの粒の大きさについては、たしかに小さいワンちゃんだと食べるのに大変かもしれません。しかし、チワワなどの小型犬でも問題ない場合がほとんどなので、ある程度個体差があるでしょうね。
 嗜好もありますので、まずは一袋を試してみて継続するかどうか決めてみるのがよいのではないでしょうか。
 
 

キャットフードの特徴

カナガンが作っているのは、ドッグフードばかりではありません。愛猫家のために、キャットフードも販売しています。
 カナガンのキャットフードは、ドッグフードと同様にグレインフリー、人工添加物不使用、全部の年齢の猫に対応できる、という三つの特徴があります。
 
○グレインフリー
 
 犬と同じで、猫も炭水化物を消化するのが苦手です。
 猫の体内には、アミラーゼという炭水化物を消化する酵素がありませんし、猫の歯では穀物をすりつぶすことができないんです。
 猫は完全な肉食動物なので、栄養はたんぱく質から摂取するのが理想です。
 なのに、市販のキャットフードに穀物が入っています。この理由は、材料費を下げるため。
 カナガンのキャットフードは、グレインフリーを徹底しています。猫ちゃんがよろこぶチキンの生肉を70%配合し、残りの30%は野菜などを中心に製造しているのです。他のフードでは考えられない、良質なたんぱく質を贅沢に使用しているのもポイント。
 穀物の代わりに使用しているサツマイモは食物繊維が多く、ゆっくりと吸収されるので腹持ちがよく、消化吸収もゆっくりです。健康にいいタウリンもたっぷり入っています。
その他、代謝を正常に保つ海藻や、免疫力を高めるマリーゴールドなど、配合される原材料がすべて厳選されたものばかり。
このため栄養素の消化吸収が良く、いつまでも猫ちゃんが健康的な生活を過ごすことができます。
 
○人工添加物不使用
 
 ドッグフードと同じで、カナガンのキャットフードも人工添加物を使用していません。
 人間が食べても美味しい原材料を使用しているので、猫ちゃんの健康を一番に考える飼い主さんに支持されています。
 
○全種類の猫に対応
 
 キャットフードには、様々な種類があります。
 同じ味でも、年齢別に分かれていたり、ダイエットフードや療養食など様々なものがあり、飼い主さんもペットフード売り場にいくと、思わず目移りしてしまうのではないでしょうか。
 でも、カナガンのキャットフードは一種類だけ。すべての猫ちゃんに対応できるのは、グレインフリーで高品質な原材料を使用しているからです。
 もともと肉食だった猫にとっては良質な肉からたんぱく質を摂取するのが一番いいと言われています。カナガンは70%が良質なチキンなので、消化吸収が遅く、腹持ちがいいので猫の満腹感が持続します。消化器官にも負担を掛けないので、ダイエットや健康維持に最適です。
 今、穀物を使ったフードを与えていて、猫ちゃんの体調がよくないという方は、グレインフリーに変えてみるといいかもしれませんね。
 

キャットフードの口コミ

 

では、カナガンのキャットフードを実際に使用している飼い主さんの口コミを見てみましょう。
 
「好き嫌いが多い子でしたが、問題なく食べてくれました。ゆるかった便が正常になって、目もキラキラしています」
 
「ドライフードに見向きもしない子ですが、このキャットフードは袋を開けた瞬間から反応して、駆け寄ってきました。猫によっては食べないこともあると聞いたけど、3袋終わった今も食いつきがいいです」
 
「毛がボサボサの子にあげてみました。このフードの匂いは人間からするとちょっと臭いし、出るものもけっこう臭いんですが、これは猫にとっては何とも言えないんでしょうね。一週間くらいで毛ツヤがよくなって、便の調子もよくなりました。ちょっと高いのが難点ですが、他のエサと混ぜつつ続けていきたいと思います」
 
「安いフードをあげていたせいか、喘息になってしまってグレインフリーを試してみました。確かに、フード自体の匂いも便も強烈な匂いがしますが、日々うちの子は健康になっています。日本のフードには、飼い主都合で消臭効果がある成分が入ったものが多いようですね。猫の砂もそうみたいで、なるべく自然に近い形にしてあげたら、猫が体調を取り戻してきたようです」
 
 カナガンのキャットフードの口コミで多かったのが、「匂う」ということです。
 これは、最後の口コミの方が指摘している通りの事情だと思います。
 もともと、猫は肉食ですから穀物入りのキャットフードは体調を崩す原因になるんです。肉食の猫を室内で飼育するために、多くのペットフードメーカーは消臭効果のある添加物を入れることで対応しているという問題があります。
 しかし、こうしたものは人間が楽になるためのもので、猫にとってはアレルギーや体調不良を引き起こす原因物質になってしまうのです。
 そういう理由から、グレインフリーで添加物不使用のカナガンに変更すると、前の消臭剤入りのキャットフードを食べていた時よりも、便の匂いがひどくなったように思えるんでしょうね。
 ただ、これは猫ちゃんが本来食べるべきエサを食べている証拠です。体調がよくなっているということでしたら、猫ちゃんの健康のためにぜひ続けてみてください。
 
「ネットで評判がよいということでしたが、うちの子には合っていなかったようです。下痢をしてしまったので、もとのエサに戻しました。そうしたら、下痢が治りました」
 
「うちの猫にあげたところ、全然食べませんでした。お試し用があればよかったんですけど…」
 
 カナガンのキャットフードはネットの評判がいいと言われていますが、中には合わないという声もありました。
 それまで、穀物が入ったフードや魚入りのフードで慣れてきた子にとっては、いきなり70%もたんぱく質が入ったものに変えるのは、体がついていかなかったのかもしれませんね。
 ただ、カナガンは獣医師も推奨するキャットフードです。公式ホームページの獣医師のアドバイスにもありますが、初めてカナガンをあげる場合には原材料がかなり違いますので、ゆっくりと慣らして変更していってください。
 特に魚が主体のフードを好んでいた猫ちゃんの場合は、注意が必要です。
いきなり魚からチキン、しかもたんぱく質の比重がかなり多いものになりますので、一時的にお腹の調子が悪くなってしまうという報告もあるようです。
人間もいきなり食べなれないものを食べると、お腹を壊してしまうことありませんか?
猫ちゃんも同じことが言えます。ずっと、魚主体で穀物入りのフードで慣れた猫ちゃんだと、チキン自体に慣れていないというのもあります。もともとは肉食とは言っても、長い間そういうフードで生活していると、うまくたんぱく質の消化に適応できないというのもあるでしょう。
ぜひ、カナガンに切り替えをするときは、元のフードに少しずつカナガンを入れて、猫ちゃんのお腹を慣らしてから比率を上げていくようにしてください。
 ちょっとしたひと工夫をすることで、ご自宅の猫ちゃんが健康的なグレインフリー生活を始められるようになりますよ!
 
 

カナガンはどこで買える?楽天やAmazonで買える?

愛犬家や愛猫家から評判がいいカナガンのペットフードですが、どこで手に入れられるものなのでしょうか?
 カナガンはペットショップには置いていないようです。通販オンリーの商品のようですが、調べてみたところ大手通販サイトの楽天では取り扱いがありませんでした。
では、どこで購入できるかといいますと、Amazonと公式サイトの二か所で購入できるということがわかりました。
 
 Amazonは手軽でいいですが、株式会社レティシアンの公式サイトで購入するのと比較すると一個当たり1000円も高いのでびっくりしました。送料をプラスしたとしても、400円程度高い計算になりますから、やはりAmazonではなく最初からレティシアンの公式サイトで買うことをオススメします。
 一回だけとりあえず試してみたい、という方でもAmazonよりも公式サイトの方がお安いということになりますし、公式サイトでは、通常購入でもまとめ買い割引があります。
金額に応じて、割引率が変わりますのでカナガンを試してみてワンちゃんや猫ちゃんの食いつきが良かったという方や、多頭飼いしているという方はぜひまとめ買いして、割引価格で続けてください。
 これまでにご紹介したドライタイプのフードと合わせてあげる12個入りの缶詰タイプも同時購入できるのも魅力です。
缶詰タイプのお味は、キャットフードもドックフードのどちらもチキン&サーモンになります。チキンもいいけど魚が好き、というペットにオススメ。
単体だと、飽きがくるというワガママなペットのご褒美として、この機会に試してみるのもいいですね。
 
 レティシアンの公式サイトで購入するメリットには、定期購入コースが選べるということがあります。悪いイメージが付き物の定期購入ですが、お届けする周期を最大13週間まで選べるというのと、割引額が10%以上で条件によっては20%もオフになりますから、非常に便利でオトクな購入方法になります。
 カナガンのペットフードを試してみてペットの体調が良くなったという方は、ぜひ定期購入をしてオトクにカナガンのフードを続けていってくださいね!

まとめ


 犬や猫はもともと肉食なので、穀物が多く含まれたフードでは病気やアレルギーの原因になるということはご説明した通りです。
 ペットを大事にするということで有名なイギリスでは、グレインフリーのフードが大人気。特に、カナガンというブランドはイギリス国内ばかりではなく世界中の飼い主さんたちに支持されています。
 
 では、カナガンのペットフードの魅力はどこにあるのでしょう?
 カナガンの代名詞と言えるのはグレインフリー。犬も猫も炭水化物を分解する酵素が体内にないので、日本で数多く販売されている安価なフードをあげているとアレルギーや肥満、内臓疾患などになりやすいんです。
 なぜ、国内のフードは穀物を多く使用するのでしょう? その理由は、肉を使うと材料費が上がってしまうので、コストダウンのために穀物を多く配合しているのです。けっして、ペットの健康のためではありません。
 カナガンはペットの健康を第一に考えて作られた高たんぱく質のフード。
最高級のチキンを、多く配合しています。その他の材料についても、人間が食べても問題ない最高級のものを使用しているので、ペットの健康管理に気を使っている飼い主さんに大人気になっています。
 
 ネットの口コミでも人気のカナガンは、Amazonでも取り扱いがありますが、株式会社レティシアンの公式サイトで購入する方がお安いです。
 とりあえず一度お試ししてみてから、定期購入というルートがオススメ。定期購入は配送サイクルを最大で13週間まで設定できるし、まとめ買いと併用すると割引率がアップしてさらにオトクになります。3個以上購入すれば送料無料になりますので、多頭買いの方にもうれしいですね!
 
 カナガンのペットフードは、スーパーで買えるようなものに比べるとかなり値が張るものかもしれません。ただ、ペットは家族同然といっても健康保険が使えませんから、一度重篤な病気になれば治療費が数百万になるケースもあります。
 大事なペットがいつまでも元気で長生きするのが、飼い主さんにとっては何よりのよろこびですよね。
 ぜひ、グレインフリーのフードの良さを、ご自宅のワンちゃん猫ちゃんで試してみてくださいね!