カナガンのドッグフードの評判は?

日本では、様々なドッグフードが販売されています。

インターネットの普及により、ネットショップでも国内外の優れたドッグフードを購入することができます。

 

ドッグフードには様々な種類があり、多くの人は飼っている愛犬に合わせて商品を選んでいます。

人間にとっても栄養を摂取するための食事は重要ですが、それは犬も同じです。最も大切なのは栄養バランスです。

 

最近は、ペットフードの数が多く、どの商品を選んだら良いか迷う人も少なくありません。

犬のライフステージは、大きく分けると成長期、成犬期、老齢期に分かれます。

 

フードの内容は、ライフステージによって変わります。

体が大きくなっていく成長期と体が安定してくる時期、運動量や代謝が減る老齢期では、必要となる栄養量が違うのです。

 

成長期に適切な栄養管理を行うことは、健康のための重要な鍵となります。

成長期は、筋肉や骨が成長する大切な時期です。成長が安定してくると、それほどカロリーは必要でなくなります。

 

栄養バランスの取れたペットフードを与えて、理想の体重を保つことが健康管理のポイントです。

老齢期になっても、それまで使っていたペットフードで健康に問題なければ、ペットフードを変える必要はないです。

 

ここ数年で、高級なドッグフードの人気が高まっています。ドッグフードの中で評判が良いのがカナガンです。

カナガンを与えてから健康状態が良くなった、愛犬が夢中で食べるなど、口コミサイトでの評価も高いです。

 

カナガンは、グレインフリードッグフードです。

グレインフリーは穀物を使用していない製品のことです。

 

トウモロコシや小麦などの穀物というのは、アレルギーを起こしやすいと考えられています。

元々肉食動物は穀物を完全には消化することができないのです。

 

カナガンで使用されている原材料は、品質の高い厳選された原材料を採用しているため、毎日安心して与えられます。

厳選された原材料は栄養も豊富です。

 

イギリスの高級な平飼いチキンを使用していますが、地面で飼育するので余計なストレスがかかっていません。

生チキンのミンチとタンパク質が豊富な乾燥チキンを混ぜています。

 

チキンは良質なタンパク源で、ビタミンやセレン、リンも豊富です。

口当たりの良い鶏の脂は、美しい毛並みと皮膚の維持に役立つ必須脂肪酸を含んでいます。

 

消化率が高いタンパク質やミネラル、ビタミンが豊富な乾燥全卵やサーモンオイルも使われています。

サーモンオイルは、オメガ3脂肪酸が豊富なことで世界中から注目を集めています。

 

DHAやEPAの働きにより、体の状態を健やかに保つことができます。

珍しい原材料のひとつがサツマイモです。

 

サツマイモは、時間をかけて吸収されるために体に負担をかけないのです。

エネルギー消費が遅いため、空腹に感じずに長時間過ごせます。

 

ペットフードの原料として優秀なサツマイモですが、小麦やトウモロコシに比べると価格が高いのです。

そのため、これまではあまりペットフードには使われてこなかったのです。

 

しかし、カナガンでは消化の悪い穀物は使わずにサツマイモを使って最適なペットフードを提供しています。

ビタミンKやビタミンB6、葉酸などを含むエンドウ豆や、ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富な人参やリンゴも含まれています。

 

栄養価が高くミネラルを多く含む海藻のヨウ素は、体のコンディションを安定させることが可能です。

低アレルギーで高品質なタンパク源として知られるジャガイモは、オメガ3脂肪酸も豊富で、ビタミンCやマグネシウム、カリウムを摂取することができます。

 

ペットにとって関節を良好に保つことは、とても重要です。

配合されているフラクトオリゴ糖は、身体環境を安定させて活性化します。

 

グルコサミンやコンドロイチンは、健康を維持して関節を良好に保ちます。

マリーゴールドは免疫力を維持して、昔から美容と健康に用いられてきたカモミールが、皮膚の状態を良好に保ちます。

 

カナガンは、イギリスでも高い評価を受けているペット専門の工場で生産されています。

この工場は、国際規格のランクAを取得しており、イギリスの小売協会と州議会にも認められている施設です。

 

大量生産をしないで、少量ずつ生産することで、新鮮なフードを多くの愛犬家に提供しているのです。

特に日本のユーザーに届けられる商品は、オーダーしてから製造されるため、とても新鮮なのです。

 

製造ラインは、高い技術と安全性を誇っています。

イギリス産にこだわった新鮮な原材料をブレンドし、栄養を損なわないように加熱処理が行われます。

製造ラインは、全体がモニターで監視されているため、異常が出た場合はその場で検知されます。

 

生産者自身が定期的に工場を訪れており、製造の現場を厳しくチェックしています。

品質テストも徹底しており、充実した設備で様々な品質テストが行われています。

 

品質テストは製造前と製造後の2回行われるという徹底ぶりです。

製造のために様々な角度から検査が行われるため、安心してペットに与えることができるのです。